カテゴリー別アーカイブ: 釣り

釣り用カテゴリー

スロージギング 〜中深海〜

ボクの中でのもうひとつのスロージギング。

キンメダイやムツ系を狙う中深海。最近のマイブームです。
こちらのほうが聞かれる事多いです。

ロッドは浅場で使うのと同じ物でも出来ます。
この釣りの場合ボクは気分で選ぶのではなくスローエモーションのB684というモデルを使います。
手持ちの中で一番長く強いという理由で。ホントは78というモデルを使うのがベストだと思います。

リールは糸巻き量の多いもの。最低でもPE1,5号が600m。1000m以上入ると安心です。
途中でライントラブルおきると一日を無駄にしてしまいます。
複数のリールか予備スプールは用意したほうがいいです。
ボクはD社のソルティガ15,35のハイギアを使ってます。15LHでもPE1,5号が750m位入ります。
予備のスプールも用意してあります。
ラインはボクはPE1,5号と2号入れてます。XESTAさんのです。

ジグはフラップとスリッピー。300gから400gです。ジグの重さだけでフックが手に刺さります・・・気をつけないと。

フックはホールドチューン。
中深海の時はこれ一択です。かけた魚の体に絡める意味でもこちらを使います。
アシストは上下のフック同士で絡まないなかでできるだけ長めで。

釣りのほうはとにかく修行です。
水深400m以上になるとジグが着底するまで体感ですが7,8分。巻き上げるのに10分はかかってそう。
400gのジグに水の抵抗も加わって重さも半端じゃない。
魚がかかっているともっと時間と力がかかる。
デンドウデヤッテモイイデスカ?と言いたくなる。

釣り方はボクの場合ロングフォールのみ。←いいのかそれで?
小細工は全くしません。水深400mだと着底時にはそれ以上のラインがでています。
いくら伸びの少ないPEラインでも自分が思っている以上にジグは動いていないんじゃないかと思っています。
ロッドを垂直に近くなるまで持ち上げてから落とす。それでも海上でラインは2m前後しか動いていません。数百メートル先のジグはどの位動いているんだろ。気になる。
後はジグのフォール性能にお任せです。

やってる事は難しい事してないのですが魚のいる棚にジグを送り込むのが重要です。
今までやってきて思う事はヒラキンメは底べったり。
キンメダイは底からかなり上。20〜30m上で釣れる事が多い。
魚のいる棚を見つけるのとジグの持つ基本性能がこの釣りの大部分だと自分では思います。

ジグを落とし始めてから巻き上げまで一投で20〜30分使って運よく釣れても一匹。
かなりの体力勝負。
しかも一日に何回落とせるか分からない釣りをどう思うか。です。
苦労して釣れた一匹の価値がわかる、それが楽しいと思える方ははまる釣りだと思います。

最後に

『デンドウリールッテイイデスネ』

スロージギング

最近色々な方々にスロージギングについて聞かれる事が多くなりました。
元々は数年前にXESTAさんが『SLOW EMOTION』を開発する時に誘われて御前崎や外房で始めた釣りですが完成して発売になってからはやらなくなり、去年またXESTAさんに誘われて中深海でやってみたら『面白い。』という事で行くようになりました。
なのでやり込んでいる訳でもなく偉そうな事は書けませんがよく聞かれるタックルの事くらいならここで書けるかなと。

今ボクがやっているスロージギングは自分の中で2つに分ける事が出来て、
ひとつは水深が浅いハタやカサゴ系を狙う釣り。ボクらが実際にやっている水深でいうと20mから70m程。オニカサゴ狙おうって100m超えるような水深でやる事もあります。
もうひとつは中深海っていうキンメダイやムツ系を狙う釣り。水深でいうと300mから500m程。

まずは浅場のハタ系を狙うような時。

ロッドは『SLOW EMOTION』シリーズの3番か4番。
どれを使うかはその日の気分。←ボクのダメなところ。本当は使い分けを説明できないといけないところ。
リールはPE1,5号が200mも入ればなんでもいいと思います。ボクはD社リョウガを使います。
PEは1,5号を200m。XESTAさんのPEを使ってます。

ジグはXESTAさんのスリッピーやフラップ。フレアなど気分で。
180g前後を使います。水深30mでも180g使います。
スロービーの60gも良く釣れます。

フックもXESTAさん。
2種類ありますがハタ系の時はスローチューンを選ぶ事が多いです。これも特に使い分けてる訳じゃないのですが。アシストは短めで。

後は釣り方になるんですが自分の事になると上手くかけない・・・
かっこ良く実力以上の事を書いても意味がないので。
ただ、フォールを意識して釣りしてます。
バイトの半分くらいはジグを落として一発目の着底前にでてます。

先日、一緒に行ったスペシャリストの方がハタやカサゴは上からエサが落ちてくるのを見ていて落ちてきた時に食ってくるのだと教えてくれました。
なので一発目の着底でバイトがなければある程度ラインを巻き取って再度落とし直しています。
重めのジグでは縦の釣りしかしていません。
ワームを使う場合はちょっと違ってきます。
基本はフォールの釣りをしますがキャストして横の釣りもします。アクション後のステイで食わせる事もあります。

ボクの場合、タックルは重要視しますが釣りはほぼ勘でやってる感じになるのでテクニックなどはうまく書けないなぁ・・・

次の中深海もこんな感じになりそうです・・・

ごきげん2

お客さんがオーバーホールしてくれました。
全部、気持ちいい回転します。新品時よりもよくできます。・・・除くステラ。だそうです。
ハイギアのソルティガをやってもらった時は使用中のローギアよりも軽くなったと思っていましたがローギアのほうもやってもらったらやっぱりローギアのほうが軽いんだな。・・・その位体感できます。

エギング、その他でかなり使ったステラ、イグジストも別物のようです。イグジストの状態は特に良くなかったようでした・・・定期的にメーカーでやってもらってたんだけど。

それでも『今回はグリスに研磨剤を含んだ仮組みです。』と。
『しばらく使った後にきちんとしたグリスで組み直します。もっと良くなります。』ですって。

ゴリ感は当然ですけどギア感も嫌う人が多数だそうですがボクは回転時のギア感を残して組んでもらいます。組付け時に選択するオイル、グリスの種類、量、組み方でお好みにできる。

そんな訳でごきげんです。