カテゴリー別アーカイブ: 釣り

釣り用カテゴリー

無茶だったか。

連休前までの納車に追われています。
毎日早出、残業までしているというのに・・・
一昨日

つい誘惑に負けて・・・
本命のキンメダイは全く釣れなくて釣れるのはカサゴ類やサバやメダイなど。でかいオニカサゴも釣れました。
水深400mに400gのジグを落としているのに150m付近で写真下のシマガツオがジャマしてくる。
群れでいるから手強い。回収して再度400m落として巻き上げるのかと思うと心が折れそうになる。
トナリデハデンドウリールデラクラクカイシュウシテル。

フォール中に食ってくるんですが全部XESTAさんのスリッピーというジグ。
フラップでは一度も食って来ない。同船者がスリッピー以外のジグで釣ってるのも見てません。
落ち方の違いでここまではっきり分かれるのかな。

・・・と言う訳で今日はものすごく忙しいのに筋肉痛で困ってます。
外房ヒラマサも楽しいけど中深海の釣りも楽しい。

ー 本日のタックル ー

ロッド:スローエモーションB684、B604(XESTA)
リール:ソルティガ15HL、35NH (ダイワ)
ライン:PE1.5号(XESTA)
ジグ :スリッピー400g、フラップ300g他サイズ色々(XESTA)
フック:Wクロウホールド、サイズ色々(XESTA)

ごきげん

忙しいです・・・
敷地に車が入りきれない位・・・
この先の予定もたくさん。どうしよう。

でも今はごきげんです。

ジギングに使っているソルティガ2台。
左ローギアと右ハイギア。
ボクのリールを触った事ある人ならわかると思うのですがハイギアのほうのハンドルの回りが異常に重い。他の人が言ってる重いっていうのをはるかに超える重さ。欠陥品らしくメーカーが公式にクレーム対応してくれる事になっています。
・・・にしてもありえない重さ。
メーカーには三度出しているにもかかわらずよくならない。
一度の釣りで8割から9割位の使用率のメインリールなのに・・・。
うんざりしていたところに。

遊びにきてくれたお客さんがリールのオーバーホールを仕事で始めたっていうのでその場で渡してみたら、ほぼ『マグシールド』が悪さしてます。って即答。
とりあえず持ち帰ってばらしてみます。

から数時間後。
うそのように巻きが軽くなって返ってきました。
もう一台のローギアよりも軽い位です。
原因は言ったとおり『マグシールド』だったみたいです。
それからべったりはいっていたグリスを特殊なグリスに替えて組み付けてくれました。
使うグリスやオイルの種類や入れ方で巻きごこちはいくらでも調整できるって。ゴリ感を消すことも逆にギアが噛み合っているのを感じれるようにすることも。巻きを重くする事も軽くする事も。
耐久性も全く問題ないとの事。
自分のリールにはメインのギアにもグリスを使わずオイルだけで組んでいるそう。

深い話を聞くと仕事でグリスやオイルを使っているボクには信じられない事実がたくさん。
実際にこの目で確かめないと気が済まないので実験したいと言ったら『協力しますよ』と。

他にも持ってるリール持ってきてくれたら様子みますよ。って言ってくれたのでお言葉に甘え今度見てもらおう。

と、いう訳でごきげんです。

2ヶ月ぶりに下田へ

ひさしぶりの更新です。もう12月も半ば。
去年も同じ様な感じの仕事量だったと思いますが11月頃からすでに年末まで間に合うかなという仕事量。
結婚式で一日休んだ他はずっと仕事漬け。
整備士君にも休日出勤してもらいなんとかやってます。

・・・というのに先日一日休みをもらい下田まで。
XESTAの方々にお誘いをもらって雑誌の取材。前回の下田は雑誌の取材でキンメダイ。
今回はちょっと違うキンメダイ狙い。

伊豆七島が見えます。
前回は島の近くの方まで下りましたが今回は岸より。
水深300m程。300mが浅く感じます。感覚が麻痺してきてます。
行く前日に1900mもラインを巻いた。つかれた。

雑誌になるとのことなので大雑把にかきますが今回の目的は

地元の方達がヒラキンメとよんでいるナンヨウキンメダイ。
前回は

いい写真がなかったんですが『本キンメ』とよばれるキンメダイ。
似た様な魚ですけど生息域がちがって釣り場も違うようです。

いい時はひと流しでこんなに釣れる時も。
またまた楽しく釣りすることができました。

下船後、昼ご飯をごちそうになりそのまま

XESTAさんの事務所へ。何回か下田へは来ていましたがはじめて行きました。
ちょっと寄るつもりだったのがかなりの長居に。
あまりにも遅くまでいたので取締役さんから夜も食べて行きなよ。とそのまま居酒屋さんへ。

元々予約していたらしく朝釣ったキンメダイが捌かれ

このように。
ホントにおいしいの。
それから本キンメの刺身、炙り、湯引き、しゃぶしゃぶ、煮付け、塩焼き・・・とこっちだといくらするんだろうと思う様なキンメ尽くし。他にもクロムツやらマグロやらチヂミやらこれ以上たべられないという位に次々と。
ヒラキンメ、本キンメと食べ比べも出来。ぜんぜん味が違うの。
どちらもおいしい。
こちらでは食べられない贅沢なものをごちそうになりました。
たのしかった・・・

XESTA取締役のMotoさん、いつもお世話になってる奥津夫妻ありがとうございました。
また行きます。

ー 本日のタックル ー

ロッド:スローエモーションB684(XESTA)
リール:ソルティガ15HL (ダイワ)
ライン:PE1.5号(XESTA)
ジグ :スリッピー400g、フラップ300g(XESTA)
フック:フロント2本、リア3本針(試作品)