カテゴリー別アーカイブ: プライベート

プライベート用カテゴリの親

具合の良くない休日

風邪を引いてしばらく体の調子が悪い・・・

仕事はたくさんあるけど休みの日に無理してでる程納期に追われてはいない。
夜殆ど寝ないで船に乗る程元気はない。

でも休みの日に家にいるのはもったいないなぁと。
ゼスタさんのアジングロッド一本だけ持ってふらふらしてきました。

まずは遅めの朝ご飯。

保田『ばんや』のアラ煮定食。1000円位。平日だからかすごい空いてた。
ワラサでしたが自分で釣ってもこんな料理できない。できたらいいんだけど。

それから内房を下って館山周辺まで。
色々な場所を見て回りましたがどこもパッとしない。聞いてみても殆ど釣れていない。
ちょこちょこと竿を出してみますが・・・

夕方近くまでふらふら。
具合が悪いんだからそのまま館山道で帰ればいいのに勝浦へ。

目的はラーメン。

この勝浦タンタン麺を食べに行ったのに店はお休み。
ホント商売っ気がないのか休みが多い。今まで何度も営業時間に行ってますが開店率は50%程。
たまたま行った時と休みが重なってるのかなぁ・・・あきおちゃんと行った時もやってない時何度かあった気がする。

やっていない時は

『江ざわ』に行くのがいつものパターン。
ここはいつもやってる。

で、帰宅。
こんな事してたらよくなる訳ない。
体はだるいけど楽しかった。

釣り?
エソ、フグetcと小魚と戯れ。
エソがあんなに岸際にたくさんいるとは思わなかった。
最後の小場所でなんとかマゴチの顔が見れ終了。
手持ちで一番重いジグヘッドが3.5gだったのでもうちょっと重いのがあれば良かったかな。

こういうのたまにはいいな。

『だよね。』

今年はここ数年仕事場の裏で鳴いていたクマゼミが鳴いてないな。
一度も聞いていない・・・

仕事とは全然関係ないんですけどちょっと前に某息子が遊びに来た時に◯◯周辺(近所です)にカブトムシ、クワガタをとりに行っていると聞いていました。

その数日後

こんな写真といっしょに『アカアシ?』と。

これは『アカアシクワガタ』というクワガタ。
県外ではとった事ありますが八千代、船橋周辺ではとったことありません。聞いた事もありません。(調べてみましたが千葉県の一部ではとれるようです。)

どうしたのか聞きました。
数日前に虫取りの話をしていたので、もしそこでとれたのだとしたら速攻で連れてってもらう気でいた。

『福島の知り合いから貰った。』という返事。

『だよね。』

ちょっとがっかり。

スロージギング 〜中深海〜

ボクの中でのもうひとつのスロージギング。

キンメダイやムツ系を狙う中深海。最近のマイブームです。
こちらのほうが聞かれる事多いです。

ロッドは浅場で使うのと同じ物でも出来ます。
この釣りの場合ボクは気分で選ぶのではなくスローエモーションのB684というモデルを使います。
手持ちの中で一番長く強いという理由で。ホントは78というモデルを使うのがベストだと思います。

リールは糸巻き量の多いもの。最低でもPE1,5号が600m。1000m以上入ると安心です。
途中でライントラブルおきると一日を無駄にしてしまいます。
複数のリールか予備スプールは用意したほうがいいです。
ボクはD社のソルティガ15,35のハイギアを使ってます。15LHでもPE1,5号が750m位入ります。
予備のスプールも用意してあります。
ラインはボクはPE1,5号と2号入れてます。XESTAさんのです。

ジグはフラップとスリッピー。300gから400gです。ジグの重さだけでフックが手に刺さります・・・気をつけないと。

フックはホールドチューン。
中深海の時はこれ一択です。かけた魚の体に絡める意味でもこちらを使います。
アシストは上下のフック同士で絡まないなかでできるだけ長めで。

釣りのほうはとにかく修行です。
水深400m以上になるとジグが着底するまで体感ですが7,8分。巻き上げるのに10分はかかってそう。
400gのジグに水の抵抗も加わって重さも半端じゃない。
魚がかかっているともっと時間と力がかかる。
デンドウデヤッテモイイデスカ?と言いたくなる。

釣り方はボクの場合ロングフォールのみ。←いいのかそれで?
小細工は全くしません。水深400mだと着底時にはそれ以上のラインがでています。
いくら伸びの少ないPEラインでも自分が思っている以上にジグは動いていないんじゃないかと思っています。
ロッドを垂直に近くなるまで持ち上げてから落とす。それでも海上でラインは2m前後しか動いていません。数百メートル先のジグはどの位動いているんだろ。気になる。
後はジグのフォール性能にお任せです。

やってる事は難しい事してないのですが魚のいる棚にジグを送り込むのが重要です。
今までやってきて思う事はヒラキンメは底べったり。
キンメダイは底からかなり上。20〜30m上で釣れる事が多い。
魚のいる棚を見つけるのとジグの持つ基本性能がこの釣りの大部分だと自分では思います。

ジグを落とし始めてから巻き上げまで一投で20〜30分使って運よく釣れても一匹。
かなりの体力勝負。
しかも一日に何回落とせるか分からない釣りをどう思うか。です。
苦労して釣れた一匹の価値がわかる、それが楽しいと思える方ははまる釣りだと思います。

最後に

『デンドウリールッテイイデスネ』