スロージギング

最近色々な方々にスロージギングについて聞かれる事が多くなりました。
元々は数年前にXESTAさんが『SLOW EMOTION』を開発する時に誘われて御前崎や外房で始めた釣りですが完成して発売になってからはやらなくなり、去年またXESTAさんに誘われて中深海でやってみたら『面白い。』という事で行くようになりました。
なのでやり込んでいる訳でもなく偉そうな事は書けませんがよく聞かれるタックルの事くらいならここで書けるかなと。

今ボクがやっているスロージギングは自分の中で2つに分ける事が出来て、
ひとつは水深が浅いハタやカサゴ系を狙う釣り。ボクらが実際にやっている水深でいうと20mから70m程。オニカサゴ狙おうって100m超えるような水深でやる事もあります。
もうひとつは中深海っていうキンメダイやムツ系を狙う釣り。水深でいうと300mから500m程。

まずは浅場のハタ系を狙うような時。

ロッドは『SLOW EMOTION』シリーズの3番か4番。
どれを使うかはその日の気分。←ボクのダメなところ。本当は使い分けを説明できないといけないところ。
リールはPE1,5号が200mも入ればなんでもいいと思います。ボクはD社リョウガを使います。
PEは1,5号を200m。XESTAさんのPEを使ってます。

ジグはXESTAさんのスリッピーやフラップ。フレアなど気分で。
180g前後を使います。水深30mでも180g使います。
スロービーの60gも良く釣れます。

フックもXESTAさん。
2種類ありますがハタ系の時はスローチューンを選ぶ事が多いです。これも特に使い分けてる訳じゃないのですが。アシストは短めで。

後は釣り方になるんですが自分の事になると上手くかけない・・・
かっこ良く実力以上の事を書いても意味がないので。
ただ、フォールを意識して釣りしてます。
バイトの半分くらいはジグを落として一発目の着底前にでてます。

先日、一緒に行ったスペシャリストの方がハタやカサゴは上からエサが落ちてくるのを見ていて落ちてきた時に食ってくるのだと教えてくれました。
なので一発目の着底でバイトがなければある程度ラインを巻き取って再度落とし直しています。
重めのジグでは縦の釣りしかしていません。
ワームを使う場合はちょっと違ってきます。
基本はフォールの釣りをしますがキャストして横の釣りもします。アクション後のステイで食わせる事もあります。

ボクの場合、タックルは重要視しますが釣りはほぼ勘でやってる感じになるのでテクニックなどはうまく書けないなぁ・・・

次の中深海もこんな感じになりそうです・・・